産後の抜け毛は神秘的?女性ホルモンが関係

産後の抜け毛は神秘的?女性ホルモンが関係


私も女性ですが、自分自身、不思議だと思うことが沢山あります。
その中でも特に不思議だと感じるのはやはり、妊娠・出産でしょうか。
女性の体は不思議に包まれているんです。
出産を経験したことのある女性の半分以上は感じていることの一つに、
出産後の抜け毛・薄毛があります。
私も経験しました。出産してからというもの
お風呂に入るたびに、排水溝にびっしりと詰まった私の髪の毛。
聞いてはいましたが、初めて見た時はあまりの量に、排水溝に貞子がいるかと思いました。
冗談抜きに、尋常じゃない量の髪の毛が抜けるのでビックリ仰天する女性も多いんです。
『このままじゃ、私ははげてしまううんじゃないだろうか…』と不安になる方もいますが、
そんなことは決してありませんのでご安心を。
というのも、実はこの抜けている髪の毛。
『妊娠中に抜けなかった髪の毛』
だということを御存知でしたか?
本来髪の毛は一定サイクルで抜けるようになっているのですが
妊娠中は女性ホルモンのプロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)
が大量に出て、髪の毛や体毛を抜けにくくするそうです。
妊娠中に毛深くなった等もよく聞きますね。それもこの女性ホルモンのせいだったんですね。
本来抜けるべき毛がぬけなくなる妊娠期間。
そして出産後には女性ホルモンの過剰分泌は止まり、減少の一途を辿るのです。
このことにより、突然大量に髪の毛が抜け始めるのです。
この時、髪の毛が一気に抜ける為、薄くなったようにも見えるんですね。
でも大丈夫。これも一時的なものなので、気にしなくてOK。
少しの期間(約1年)我慢すれば元通りになります。
あとは産後ストレスや睡眠不足等も抜け毛に関係してくるので、
そこは少し注意してくださいね。産後は慣れない赤ちゃんとの生活も
あって、大変だと思いますがその辛さは決して永遠ではなく実は一瞬です。
可愛いあかちゃんとの時間を大切にすごしてくださいね。


産後 抜け毛